en-rac.net

症例検索

※症例内容は下記のグリーンのタイトルをクリックもしくはタップしていただけると閲覧することができます。

Found 175 Results
Page 1 of 18

上肢鈍痛・重み症状への局所処置のひと工夫

上腕外側から前腕橈側・拇指へのライン上で怠い・痛いという訴え。しかし、曖昧で抽象的な不定所な症状。治療の反応も芳しくない明確さに乏しい症例へのひと工夫を紹介。

中枢治療の組み立てでは腰になるがTo/L2~S1で顕著な症状の変化が得られない時に見直したい工夫になる。

肩関節への局所処置のひと工夫④

肩関節は骨支持がなく、複数の筋肉で上肢を釣り上げる繊細な構造をしている関節である。五十肩を代表するように経年劣化に伴う機能障害を訴える方に高頻度で遭遇する。

その疼痛の訴えはTⅠが多く、五行の順序に沿わない症状である。そして何よりも治療が一筋縄ではいかない事が少なくない。キレ良く消痛効果が得られなかったり、運動障害を円滑に改善できない事がある。

肩の症状は、腰同様に運動器疾患の蓄積症状であり病態としては五行の逆回りの性質を持つ。よってシンプルな中枢治療ではキレの良い効果を出せないケースが多い。そこで局所治療のひと工夫の加え方をここで紹介する。

この数年「肩甲骨はがし」という言葉を目にするが、五十肩を始め肩甲上腕関節に負荷が過剰になってしまう原因のひとつが肩甲骨の運動性・肩甲上腕リズムの破綻である。外力に任せた肩甲骨の可動訓練やストレッチは薄い筋組織の炎症・損傷を招き二次的に悪化を助長させてしまう恐れがある。無理なく解放させる工夫が③と④である。

肩関節への局所処置のひと工夫③

肩関節は骨支持がなく、複数の筋肉で上肢を釣り上げる繊細な構造をしている関節である。五十肩を代表するように経年劣化に伴う機能障害を訴える方に高頻度で遭遇する。

その疼痛の訴えはTⅠが多く、五行の順序に沿わない症状である。そして何よりも治療が一筋縄ではいかない事が少なくない。キレ良く消痛効果が得られなかったり、運動障害を円滑に改善できない事がある。

肩の症状は、腰同様に運動器疾患の蓄積症状であり病態としては五行の逆回りの性質を持つ。よってシンプルな中枢治療ではキレの良い効果を出せないケースが多い。そこで局所治療のひと工夫の加え方をここで紹介する。

この数年「肩甲骨はがし」という言葉を目にするが、五十肩を始め肩甲上腕関節に負荷が過剰になってしまう原因のひとつが肩甲骨の運動性・肩甲上腕リズムの破綻である。外力に任せた肩甲骨の可動訓練やストレッチは薄い筋組織の炎症・損傷を招き二次的に悪化を助長させてしまう恐れがある。無理なく解放させる工夫が③と④である。

肩関節への局所処置のひと工夫②

肩関節は骨支持がなく、複数の筋肉で上肢を釣り上げる繊細な構造をしている関節である。五十肩を代表するように経年劣化に伴う機能障害を訴える方に高頻度で遭遇する。

その疼痛の訴えはTⅠが多く、五行の順序に沿わない症状である。そして何よりも治療が一筋縄ではいかない事が少なくない。キレ良く消痛効果が得られなかったり、運動障害を円滑に改善できない事がある。

肩の症状は、腰同様に運動器疾患の蓄積症状であり病態としては五行の逆回りの性質を持つ。よってシンプルな中枢治療ではキレの良い効果を出せないケースが多い。そこで局所治療のひと工夫の加え方をここで紹介する。

肩や首の可動に不具合があり、頸部から鎖骨部にかけて硬結して圧痛や運動時痛を伴うケースに対して有効なひと工夫になる。肩関節の水平内外転の運動障害を改善させるにも有効である。

肩関節への局所処置のひと工夫①

肩関節は骨支持がなく、複数の筋肉で上肢を釣り上げる繊細な構造をしている関節である。五十肩を代表するように経年劣化に伴う機能障害を訴える方に高頻度で遭遇する。

その疼痛の訴えはTⅠが多く、五行の順序に沿わない症状である。そして何よりも治療が一筋縄ではいかない事が少なくない。キレ良く消痛効果が得られなかったり、運動障害を円滑に改善できない事がある。

肩の症状は、腰同様に運動器疾患の蓄積症状であり病態としては五行の逆回りの性質を持つ。よってシンプルな中枢治療ではキレの良い効果を出せないケースが多い。そこで局所治療のひと工夫の加え方をここで紹介する。

ではTⅠの症状から、前方への屈曲で痛むのがTxⅠ、横への外転で痛むのがTyⅠというのが主な症状となる。そこに加えて首の付け根のTⅠが影響して動かせない・圧痛が出るといったケースがある。

腰の痛み治療のひと工夫③

腰椎は前弯しており、前屈する事で生理的湾曲が軽減される。前傾姿勢(猫背・円背)の方や不良姿位での長時間坐位が習慣となっている方の腰部は生理的前弯が減少し運動範囲が狭小化しているケースがある。このようなケースに対して考えるひと工夫になる。

腰の痛み治療のひと工夫②

肝心かなめの腰の痛みは、腰を中心として動作に伴う症状(運動時痛)が発生する。遠絡治療で安静時痛はほぼ解消していても“動くと痛い”という返答される事もある。そのような時などに有効なひと工夫としての処置になる。

腰の痛み治療のひと工夫①

腰痛治療の常套はAyⅢ/4となるが、もう少し症状をスッキリさせたい時のひと工夫を紹介。一つ目は、この処置で効果があれば患者さんにも持続的に行ってもらえる内容。

治療ラインとしてのTxⅠの実用性をご確認いただけるでしょう。

首の痛み治療のひと工夫③

首の治療で、確実に症状は軽減しているのにスッキリと良くならない場合のひと工夫。

首の不調の原因が首に無い場合がある。

すっきりと治らない寝違いの解決になるケースも少なくはない。

首の痛み治療のひと工夫②

首の根本、、、首の症状というべきか、肩の症状というべきか表現に迷う部位。

そして、疼痛ラインの選定に戸惑う部位の症状。

疼痛ラインの見分け方として僧帽筋上部線維の頭頂を基準に考える。

僧帽筋上部線維の頭頂より前方がAyⅡ、後方がTyⅡとなる。

基本の治療レベルはc+aであるが、bcレベルの方が効果的なケースもある。

結構、訴えの多い部位ですが、なかなかスッキリと改善をさせる事が出来ない部位である。

そこで、もうひとライン診立てを増やす事で意外といい反応が得られるひと工夫を紹介。

Page 1 of 18