en-rac.net

症例検索

※症例内容は下記のグリーンのタイトルをクリックもしくはタップしていただけると閲覧することができます。

Found 150 Results
Page 1 of 15

50代女性 拇指CM関節痛、頸部痛、腰痛

両拇指CM関節を訴える女性の症例紹介。本症例は、来院する度に訴える拇指の痛みの左右が変わる状況であった。初日は、仰向けになれない程、頸部と腰部の状態も悪い状況であった。両側に障害があり、不定な訴えであったことから中枢治療を選択し功を奏した症例である。

(担当者;宮崎県 サカモト鍼灸院 坂元真二先生)

【one point enrac】ワクチン接種後に肩が痛い、腕が上がらないの改善処置

ワクチン接種後に、上腕の上部に痛み・重みの訴えを伴う肩関節の運動時痛を訴えるケースがある。そのような場合に有効なone point処置であり、尚且つセルフケアの治療点としても活用も可能です。

円形脱毛症60代女性

肩甲背部の痛みとドライアイを主訴とされていた60代の女性に対し下位脳への治療とし督脈治療を継続し行って改善が得られていた折り、法事となり心労が重なり円形脱毛症を発症。治療再開し始め2ヶ月改善が見られず処方を変更した所改善がみられた症例の報告である。

60代女性 腹部の冷え

日頃から不定愁訴の多い女性、一年前には眩暈に対して外科的な処置を受けたが改善が見られなかった訴えも出ている。治療の都度で訴える症状が異なる症例であるが、治療後は楽になったという反応を得られている。今回、いつもお腹が冷えないような服装を選んでいるが触るとお腹が冷たいという訴えがあったので遠絡療法施術前後でお腹の触診による体温の変化を確認したので報告する。

30代女性 複数年かけて改善した左足部CRPS

左足首を捻挫したことにより、距腓靭帯を損傷した30代の女性。受傷後6週間しても改善が見られず、膝以下の著明な浮腫と色調不良、allodyniaを認められた。接触を拒絶するほどの痛みを訴えて来院。

遠絡療法を開始して社会復帰された6年間の加療報告である。

80代男性 大腸がんの手術後に悪化した坐骨神経痛

前かがみ姿勢で来室、主訴は右坐骨神経痛と腰痛。半年前に大腸癌の手術をして以来腰痛と坐骨神経痛が悪化。整形外科・鍼灸と治療を受けるが症状の改善なく遠絡療法を開始となる。

80代女性 コロナワクチン接種後の肩関節痛

80代女性、ワクチン接種後、夜間痛を伴う肩関節周囲炎を発症。接種を行った左側の肩関節運動制限あり、運動時痛、安静時痛を認める状態で来院。疼痛部位は、肩関節上腕の外側、上腕の内側、腋窩、胸部を訴えていた。

50代男性 コロナワクチン接種後の肩関節痛

五十肩になったと言って来院された50代の男性。思い当たるきっかけと言えばコロナワクチンの接種をした2日後から動かす際に肩に痛みが出るようになり、動かすのが困難となった。整形外科に受診するも物理療法やマッサージを受けるが改善が見られず遠絡療法を希望され、2週間おきに3回の治療で終了した症例。

40代女性 コロナ後遺症疑いからの慢性疲労症候群

2020年4月、都内在住時に風邪を引いたが、その後少しずつ怠さや頭のフワフワ感などが増悪し、仕事だけではなく日常生活すら困難となり実家に戻る。9月、隣県の専門病院で慢性疲労症候群と診断。1か月の入院中、漢方治療や鍼灸治療を受けるが改善せず。ネットで調べ遠絡療法を希望し12月来院。

(担当者;福島県 治療院 デジェル 田中康徳先生)

60代女性 拇指CM関節痛

1週間前からの膝の内側痛に加え、3ヶ月以上前から拇指のCM関節を動かすと痛みを感じるようになり、安静にしていても改善されるどころか、圧迫すると強い痛みが出るようになり遠絡療法を開始した症例。

(担当者;福島県 治療院 デジェル 田中康徳先生)

Page 1 of 15